フォト

聴覚に障害を持った人の暮らし

2013年7月 5日 (金)

聴覚に障害がある人と戸締り

先日、伺ったお話が印象深かったので、こちらにも書かせてもらおうと思いました。

普段、家のドアの鍵をかける時には、鍵を回して戸締りする人が多いと思うんですが、聞える人は、「ガチャ」っていう“音”を聞く事で自然と鍵が閉まった事を確認できています。(ごく自然に行っている事なので、特に気付いたことはありませんでした)

でも、両耳を中途失聴で聞えなくなった方のお話では、「ガチャ」が聞えなくなってたことで、戸締り出来たか非常に不安になって、ドアノブを回して戸締り出来たかどうかを確認するようになったそうなんです。

日常には、これの他にも知らないうちに“音”で確認している事がありそうだけど、それ以外の方法で確認できるようになったらもっと良いんだろうなぁ。



…以下告知…

お喋り会in神戸(8/3)参加申し込み近日受付開始
前回は、中途失聴・中途難聴の”あるある話”などで盛り上がりました!
共感することいっぱいで、なんか心が軽くなったように感じます。


聴者とかかわるコツセミナーin神戸(8/3)参加申し込み近日受付開始
話を聴いて自分が感じた事を表現して、それをみんなで共有しました。
一人じゃなく、みんなで一緒に考える時間を持ちました。


EasyHearingAid(iOS用補聴アプリ)AppStoreにて販売中
中途失聴・中途難聴になって間もない方も治療
期間中に家族・知人・医師・看護師さんとお喋りしやすように、”聴こえ支援”の為に開発しました。
(
AppStoreにて”補聴アプリ”で検索下さい)

2013年6月28日 (金)

幽霊?と感じる聴覚障害者

「幽霊になった感じ」

家庭でも、職場でも、街中でも、慣れ親しんだ世界なんですが、
・雨、風などの自然の音
・電車、家電の人工の音
・人の声

これらが聴こえにくく、聴こえない→世界から隔離されたような疎外感を感じる→人とのコミュニケーションが困難で孤独を感じる→もしや自分は幽霊?と錯覚する

声も発することができますし、触れれば実体ありますし、触れれば温かいんですけどねぇ…当の本人はそう感じるそうなので、そう例えるようです。

そう感じるのは、雑談や会議の場において、文字で情報を伝えてもらえない時に多いそうです。

なんとかしたいですねぇ…

2013年6月14日 (金)

「こえとら」というアプリと聴覚障害

「こえとら」 (iOS用アプリ)


”音声認識技術と音声合成技術を組み合わせてコミュニケーションを円滑にするために開発された”…素晴らしい!


さらにアプリのサポートページには、
「聴障者が健聴者とコミュニケーションする方法としては筆談が一般的ですが、時間がかかる、面倒などの理由で、聴障者が必要な情報を得られないことがあります。」


・ちょっとした事を伝える時にめんどくさいから
・込み入った事を伝える時に時間がかかるから
⇒書く事に慣れていないから?
⇒伝えたい事をコンパクトにまとめる事に慣れていないから?


そういった場面で少し”困ってる時はお互い様”という気持ちをもってもらえたら、こんなアプリも併用しつつで良好なコミュニケーションをとっていけるんだろうなぁ…と感じます。





20130629niji_2

*** 
お喋り会in神戸(6/29)参加申し込み受付中 ***


人生の途中で聴こえにくくなった人、聞えなくなった人が、聴覚に障害をもった先輩の体験談を聞いたり、自分の悩み・疑問を相談したり、気軽にお喋りを楽しみます。

当事者…互いに共感し合い、心を少し軽くして普段の日常生活に戻るための”和み・癒し”が得られる場です。
中途失聴・中途難聴者の知人さん…“中途失聴・中途難聴になられた知人に対してどのように関われば良いのか?”ヒントが得られる場です。

対象:阪神間にお住まいの中途失聴・中途難聴者さん、その知人
定員:8名程度
参加費:500円
 (ドリンク付きなのでカフェ気分で楽しみましょう)
情報保障:PC要約筆記

 (※要約筆記者は付きません・主催者・ボランティアスタッフがPC入力します)
会場:木口記念会館3会 会議室2・3
 (JR芦屋駅南口より南方に徒歩約16分
情報保障:PC要約筆記
(※要約筆記者は付きません。ボランティアスタッフがPC入力します)



201306workshop
*** 聴者とかかわるコツセミナー(6/29)参加申し込み受付中 ***

人生の途中で聞えなくなった・聞えにくくなった中途失聴・中途難聴者が難聴・失聴と付き合っていくためのスキルアップセミナー

対象:阪神間にお住まいの中途失聴・中途難聴して間もない方
内容:①講師の体験談から学ぶ(難聴の事など)
     ②当事者ヒアリングの事例から学ぶ(関わり方など
定員:2~8名程度
参加費:2,000円
会場:木口記念会館3会 大会議室B
 (JR芦屋駅南口より南方に徒歩約16分)
情報保障:PC要約筆記
  (※要約筆記者は付きません。ボランティアスタッフがPC入力します)




Easyhearingaid_screen

*** EasyHearingAid(iOS用補聴アプリ)
AppStoreにて販売中 ***

中途失聴して間もない方が、
・通院・入院治療の期間
・補聴器を購入するまでの期間
家族・知人・医師・看護師などとの会話の時の”聴こえ支援”の為に開発しました。

iPhone/iPodTouchの内蔵マイクが周囲の音を収集します。
自分の聴力に合わせた設定を自分自身で作り、イヤホンで聴きます。
(※Bluetooth非対応、マイク付きヘッドホンは非推奨)

*AppStoreの検索にて”補聴アプリ”ですぐに見つかりますscissors

2013年6月 8日 (土)

TVと聴覚障害

TVの音量設定が他の家族とくらべて大きいことがキッカケで聴覚障害に気づく事があるようです。


っで、実際に聞こえにくい、聴き取りにくくなった場合でも、TVを楽しみたい時にはどうすることができるか…
①TVの音量設定を大きくする
②補聴アプリを使用する
③補聴器を装用する
④補聴器と補聴支援システム(磁気ループ、FM補聴)併用する
⑤TVに字幕を付ける


上記は自分自身で出来ることですが、TVの音に集中しやすく、雑音に邪魔されないように身近な人に協力してもらえる事として…
・部屋を閉め切る
・空調機、換気扇等の動作音を発する機器を止める
・新聞・チラシなどの紙片をパラパラめくるのを控える
・近くでの雑談を控える
っといったことがあります。


これら全てをしても、聞こえにくかったり、聞こえなかったりする。


その人にとって、どんな状態がTVを楽しむのに一番最適なのか?
それはその人だけが分かってる。

2013年5月24日 (金)

見て判別できない聴覚障害

先日、電車内の少し遠い所に、おなかが少し大きい女性を見かけました。
吊皮を持って立つ女性…


妊娠しているのか…
少しおなかがはっているだけなのか…
下手に遠くから声をかけに行くのはためらわれる状況。


次の停車駅で、座っていた男性が席を立ち、その女性が座っていました。
その際にカバンにマタニティマークを付けているのが見えました。
多分、男性もマタニティマークに気付いたんでしょうね、立ったけれども降車してませんでしたから…


マタニティマークを通じて世の中が妊婦さんに優しくなってる瞬間を見ましたhappy01


妊婦さん、内部障害を抱えた人と共に聴覚に障害を持った人も目で見て判別できませんよねぇ。
たとえ見て分かったとしてもどんな配慮が要るのか?今はまだ知られてませんよねぇ。


発信を続けて、どんな配慮が必要なのか少しでも知ってもらえるようにしていきたいです。
発信の上手い人に代弁してもらうのも一つの手なんですよねぇ…
(なんせ、表現する&伝えるのが上手い方では無いですから…)

2013年5月17日 (金)

聴覚障害に関する呼称について

3年前の僕(右耳を失聴する前)が”聴覚障害者”と聞いて連想したのは…
『生まれつき両耳が聴こえない人』


失聴して色々調べ、学んだのは、
”聴覚障害者”と”聴覚に障害を抱えた人”は異なる印象を与えるって事。
他にも、難聴者やら中途失聴者等の呼称があるけどそれらの言葉が世間一般に与える印象は異なるだろうって事。


僕個人が思う、世間一般の人が感じる印象はこんな感じじゃないかと…
・聴覚障害者
 ⇒障害者手帳を交付されてて、全く聴こえないか、補聴器使ってる人
・聴覚に障害を抱えた人
 ⇒障害者手帳を交付されてるか不明な人
・難聴者
 
 ⇒障害者手帳を交付されてて、補聴器を使えば会話できそうな人
・中途失聴者
 
 ⇒障害者手帳を交付されてて、人生の途中で両耳が失聴して全く聴こえなくなった人


書いてて…なんだかなぁって思うんです。
だって、僕この中に存在してませんしbearing
(中途失聴者ですが、手帳は交付されませんし、補聴器無意味ですし…)
多分、このモヤモヤは近い将来解消されていくんだと思うんです。
っていうか解消しちゃいたいと思うんです。


子どもの頃…30年くらい前は風邪・腹痛程度の表現しかきかなかったのに、
今じゃ、インフルエンザなんかA、B、C型に加えて、H*N*型とか…
腹痛・下痢とかも、ノロ、ロタ、O-157、神経性胃腸炎とか…
どんどん細かい表現になってきましたよね。


それと同じように、症状・状態に合わせた表現が浸透するようにしちゃいたいと思っています。

まずは中途失聴者、次は中途難聴者、さらには…楽しみだなぁhappy01

2013年5月10日 (金)

耳鳴りとも付き合う聴覚障害者

聴覚に障害を持っている人の多くは耳鳴りも抱えていて、
・あまり気にならない
・ときどき気になる
・いつもうるさくて気になる
など、会う人毎にその様子が違います。


耳鳴りがある事に慣れてうまく付き合いながら生活できる人がいる一方で、慣れる事なくいつまでも苦しんでおられる人がいるのも事実なんです。


・先日のTVに出ておられた中途失聴の作曲家の方は、耳鳴り発作が生じると”のたうちまわる”と表現されていました
・とある中途失聴の先輩は、耳鳴りの音の高さが高くなると体調不良の一歩手前だという事で、体調管理に役立てておられるようでした
・他の中途失聴の先輩には、耳鳴りがうるさ過ぎて”実際の測定された聴力検査の数値よりも聴こえていない感じがする”。人の言葉が耳鳴りに邪魔されて聴き取り難いと感じておられました。


聴こえない・聴こえにくいに加えて耳鳴りも…


皆さん、個々人で耳鳴りとの付き合い方を見出しておられます。
耳に関する研究…頑張ってほしいですね。研究者さんファイト~(^-^)b

2013年5月 3日 (金)

知人(聴者)の聴覚障害への認識

普通に両耳が聴こえている知人からの何気な~い一言…


「大坪さんは、こうやって普通に喋れてるし、別に不便なようには見えないねぇ…それよりも見えなくなることの方が辛そうcoldsweats01


この言葉を聴いて思い出した言葉が…
Blindness cuts you off from things; deafness cuts you off from people.
(目が見えないことは人と物を切り離す。耳が聞こえないことは人と人を切り離す。)
ヘレンケラーが訳したことで有名になった言葉です。


目を閉じると…"見えなくなる"からどんな風に困るかがイメージしやすい。
耳を塞ぐと…それでも何かしら音は入ってくるから"聞こえない、聞こえにくい"ってのをイメージするのはかなり難しいsweat02


色々、ポイントを説明したけど…それでも十分に伝わったようには感じられなかった(T ^ T)


"人と人を切り離す"
自分が選択してそうなるのではなく、必然的にそうなって、"自分の存在が消えたように感じる…"。多くの方からその体験・辛さを聞いてるので、どうにか伝わるような伝え方を考えていくために知恵を絞ろう!

っでも、
伝わる人には容易に伝わるけど、
伝わり難い人には何をしても伝わり難い…って事もあるんだろうなぁっとも思ったり。
まぁその都度、その時のベストを尽くしましょう!

2013年4月26日 (金)

親近感を抱く聴覚障害者

先日、知人からこんなエピソードを聴きました。


「担当してもらっている病院の先生が実は片耳失聴者だった。」
「何回も診てもらってたけど知らなかった。」
「こっちが聴覚障害者って知ってるんやから、もっと早くに言ってくれてたら嬉しいよなぁ…」
「そう思わへん?」


確かに、出身地、趣味趣向等、共通点を見出す事ができると親近感が沸くのと一緒ですよね。


聴覚に障害を持ってる人も、障害の程度はどうであれ、聴覚障害という共通点があれば、
親近感が沸く…
孤独じゃないと安心出来る…

普段、聞こえにくい・聞こえないが故のコミュニケーション障害で孤独を感じがちなので…余計にねhappy01


難聴・失聴の事をオープンに出来る人は伝えてちょhappy01good

2013年4月19日 (金)

聴覚に障害ををもった人と緊急通報

先日、先輩から質問が…


「家族の一人の耳が聞こえんようになって手術することになったけど、聞こえん人って警察の110とか救急の119とかって、どうしてるん?」


なるほど!
突然、身近に聴覚に障害を持つ人がでたら、その人が1人暮らしなんかしてると、そういう事も心配になりますねぇsweat01sweat01sweat01


先輩には、
そのご家族が在住の市のHPからコピペした
・通報用FAX番号
・通報用メールアドレス

を伝えさせてもらいました(^-^)b


でも、これらの番号とアドレス…その県独自の番号とアドレスっぽいんだよねぇ…
お出かけして他府県にいる時に通報…って事になるとどうなる?
基本的は、周りにいると思われる聴者さんに”通報をお願いして下さい!”って事か?



電話なら日本全国どこでも110番、119番。
FAX、メールでもそんなふうに統一された方が良いんじゃないの?
って思いました。

より以前の記事一覧