フォト

中途失聴後の仕事

2012年3月 7日 (水)

edgeファンドへ事業報告

7月から僕の事業をいろんな面から支援してくれていたedgeへ、事業の報告会がありました。
Edge
報告会という名目でしたが、冒頭のedge理事長の田村太郎さんいわく、

「これで終わりではありません、今日がキックオフの日です。」と、

それに加えて、

「一応、支援期間は終了しましたが、edgeは"しつこい"ので、これからもメンタリング、その他で応援していきたいと思ってます」とも。(^-^)v


そんな話があった後なので、「イイ事業だ!よく頑張ったね!」という報告会ではなく、「今の課題はこれこれで…」といった集団コンサルティングのような場になっていました(^-^)b


おかげで、違う分野の人達からもいっぱいアドバイスをもらえて、なおかつ人のつながりも増えて…
来週、仕事で東京に行く日に、別件で"関連のある人"を紹介して頂ける流れにまで発展しました)^o^(


話が早いというか、フットワークが軽いというか…面白いですねo(^▽^)o


さぁ、これからまたネジを巻き直して頑張ろう♪( ´▽`)

2011年12月 8日 (木)

中途失聴後の仕事について⑧

体調と相談しながら事業を進めれることもあり…
自分の生業にしたいと思えたこともあり…
これ以上、長期間に渡って週3で働けば、周囲への負担も続くし、その結果、子ども達への負担が大きくなると感じてたこともあり…

「保育園を退職して、新たな道を歩み始めたい」との旨を伝えさせて頂いた。
また「迷惑ばかりかけていたので、時折ボランティアでお手伝いさせて欲しい」ともお願いした。

2つの僕の自分勝手なわがままだったけど、法人は快く受け入れてくれて…退職決定。


色んな事が起こるけど、みんな僕を応援してくれる)^o^(
本当に周囲の人々に恵まれた良い人生を歩めてるっとつくづく感じた(^-^)


中途失聴後の仕事について⑦

そんな悩んでいる時に、いろんな事を検索してて出くわしたのが、

社会起業家を育成する"NPO法人edge"

なんじゃこれ?
社会起業家ってなんや?
社会の困り事を解決する!?
返さなくてもいいお金を多少出してくれる!?
事業を進めるアドバイスもしてくれる!?

なんと!締切間際やんか!

って、慌てて、自分の困り事&社会の困り事である"中途失聴"について、ドタバタと思いつくままにまとめて書類を提出した。

すると…今でもよく理由がわからんけど、見事に審査を通って…今に至るのです。

中途失聴後の仕事について⑥

そんなこんなで…結局、週5から週3に勤務日数を減らしてもらって、メッチャ迷惑かけながらも続けさせてもらってた。

そんな状態だから、
余計に考えた…
家で横になって、体力が回復するたび考えた…

どうする俺?
どうなる俺?
このままで人生やっていけるか?
生業はこれでいけるか?

医者が言ってた"慣れる"ってどんな状態や?
このしんどいのがずっと続くって事に慣れなあかんのか?
ってねf^_^;)

中途失聴後の仕事について⑤

体が悲鳴をあげる理由は他にもあったように思う。

例えば通勤…
横浜の時は、ノンビリ住宅街を徒歩で15~20分。
神戸に帰ってきてからは、電車を乗り継いで、その上交通量の多い道路を徒歩で横断しての60分超

他には、前回もちょっと触れたけど…
園舎が綺麗で、なおかつ若干天井が低いから、いろんな音がすっごく頭の中で反響してた。

とどめは不慣れな事務仕事…
たった6時間の仕事なのに、仕事後にロッカーに戻って、へたり込んじゃうことは何度もあった。


でも、そこでちょっとの間ゴローンとして体力回復!
横になるって本当に大切やった(^_-)

中途失聴後の仕事について④

法人のご好意に甘えさせていただいて、保育園で事務の仕事が始まった。

気合を入れて働き始めた…
けど、気持ちに対して体調の方がついてこないようで…
仕事中もフワフワぁ~とめまい(´Д` )
色んな音にさらされて頭痛がズキズキ(´Д` )
複合機の動作音が、
電話のオンフックの音が、
ラミネーターの動作音が、
しまいには、子ども達の元気な声までが、
いろんな音が要所要所で頭に響いて重くのしかかる(T ^ T)

綺麗な園舎は反響音が半端なく頭に響き渡ってた。


ほんま想像していたよりもはるかに辛い( ;´Д`)どうなる俺?

中途失聴後の仕事について③

法人にも報告に行った…

法人としては、保育士として雇う事は難しいんだろうなぁっと思いつつ、病気の事、現在の体調の事、今後の体調についての報告をした。

すると、思ってもみなかった言葉が…
「せっかくの縁なので、事務ででもお手伝いしてくれませんか?」


へっ!? 働けるの? 働いていいの?

メッチャハッピーやった(^-^)


4月から、失業給付金の支給を待ちながら、体が慣れるのを待ちながら、何を生業にするかを考える日々になるだろうと思っていたのに…

思わず、ありがた過ぎて目頭が熱くなりました^^;

ほんま幸せな日でした(^-^)v

2011年12月 6日 (火)

中途失聴後の仕事について②

自分はこれから何が出来るのか?

何を生業にするのか?

何を生業に出来るのか?


って事も考えた。
考えざるを得なくなった^^;
考える時間が一杯あった^^;
って事で、よ~くよ~く考えた(^-^)

・エンジニアに戻る?
・救急法のインストラクター資格を活かす?
・好きな英語を活かす?
・大型1種免許活かす?
・手に職的な全く新しい資格を取る?

ん~、どれも魅力的!

就きたいと思って就いた職を続けられないかも…っていう不安?残念さ?は間違いなくあって、辛かった。だれど、その一方で自分の可能性を試すチャンスに再び直面せざるをえなくなったのは、一種のドキドキ感を僕にもたらしたね。

何がしたい?…???
何をすべき?…???
何が出来る?…何でもできる!
何で生きる?…???

入院中の起きてる時間は、
・2分の1は耳関係のこと。
・2分の1は今後の生業のこと。
を考えていたような…不安な時間と、ドキドキな時間が行ったり来たり。

はっきり言って時間がなかった。
点滴打って、ご飯食べて、寝てるだけなのに…
寝てても熟睡できない時は、布団に隠れながら調べて、考えたりすることも…

我ながら、本当にいっぱい考えたと思う。頭の中で^^;
今思えば、ちょっとは書き留めるべきだったねf^_^;)

中途失聴後の仕事について①

聴者の時は保育士をしていました。

その前はエンジニアしてました^^;

それで失聴直後には、子どもに分かりやすいように、右耳に"×印"のマークを手作りして、耳に着けて…事務の仕事をさせてもらってました(中途失聴した経緯10を参照)
っで、それに至る入院中の話を少し…

4月からは、地元の神戸に戻って来て保育士する予定だったんだけど…失聴したことで、予定が未定になっちゃう感じがしました。

だから入院中に、
考えた。
考えざるを得なくなった^^;
考える時間が一杯あった^^;
って事で、よ~く考えた(^-^)


耳が片方聴こえない保育士はアリか?ナシか?
※これはあくまでも僕の考え方

アリな考え方
・世の中には色んな人が存在する事を保育士自身が示しても良いんじゃない

ナシな考え方
・自分が聴こえない事が原因で、子どもの危険を察知出来ない、怪我をする事があるかもしれない
・「色んな人…」を保育士が示す必要性があるのか?
・保護者は我が子の安全が1番大切
・法人は"もしもの時"に普通以上の対応が必要となるかもしれない

こんな事とかを考えてると、
結局、自分が原因で何かが起こるのは怖いし、

"続ける"のは自分自身的に難しい?しんどい?辛い?なぁ…と思うようになった。