フォト

« 補聴器を使用時も含めた、難聴者の「聞こえ」の可視化! | トップページ | 友だちみんなに『ありがとう!』 »

2012年1月17日 (火)

中途失聴者が保育園ボランティアでなにしてる?①

保育園で働くことを辞めさせていただいてからも、お世話になった&迷惑をかけた恩返しも兼ねてボランティア活動をさせてもらってます。


その活動をちょっと紹介?宣伝?


今の僕の場合は、日曜大工。
これなら、片方の耳が聞こえなくても問題なし!

製作例はこちら、『おもちゃ用のテーブル』です。
Laq
これは元々、横浜の保育園にいる時に、そこの主任の先生のアイディアで、僕も一つだけ作ったことがあったので、神戸に帰ってきてから再度思い出しながら作ってみました。
(材料はホームセンター○ーナンで買えるものだけを使ってます)


真ん中の密閉ケースにおもちゃを収納して、使う分だけを取り出して遊び、遊び終わったらまたケースの中に戻す。
遊び始めから終わりまでがテーブルに座るだけで完結するので遊びやすいし、片付けやすい。
LaQとかアイロンビーズとか小さなパーツを使った机上遊びに便利です。



保育園っていうのは、人手がたくさんいて損することがない環境です。
子どもに関わる保育をする人は、過剰にいたらちょっと困るかもしれないけれど、園内の保育環境を整えるためであれば、人手として参加することはとっても重宝がられます。
なおかつ色んな事が小器用にできるととっても重宝してもらえます。


さて、次はどれを紹介しようか…

« 補聴器を使用時も含めた、難聴者の「聞こえ」の可視化! | トップページ | 友だちみんなに『ありがとう!』 »

プライベートな一面」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2066011/57369389

この記事へのトラックバック一覧です: 中途失聴者が保育園ボランティアでなにしてる?①:

« 補聴器を使用時も含めた、難聴者の「聞こえ」の可視化! | トップページ | 友だちみんなに『ありがとう!』 »