フォト

« 片耳ろうの友人との再会 | トップページ | 新聞社の取材 »

2012年1月 6日 (金)

男性の育児休業について…

「それでも男性の育児休業取得が増えない理由」
第一生命経済研究所からこんなものが出ていた。
ライフデザインリポート(Watching)

レポート「wt1201.pdf」をダウンロード


概要としては、
①男性の育児休業取得が増えていない(2009年1.72%、2010年1.38%)
②女性の育児休業取得は高いけど、減少傾向にある(2009年85.3%、2010年83.7%)


その要因として
・育児法が実態に合ってなくいから、
つまり、男性が主たる生計維持者であるのに対して、育休を取得してもその所得保障率が5>%(上限20万円)しかなく、取得しにくい環境にある事


対策として
①積み立てた有休を育休に充てれば、所得の維持、企業負担なしで取得率が上がる
②「有休=育休」を認めれば、取得率は上がるし、周囲が休む理由を知る事ができ休みやすくなる。
③企業が育休のための「有休」を付与する


だそうだ…。


確かに、書いてある事はごもっともなことであると思う。
でも“育休取得率”という数字を大きくするための方法でしかなく、男性が育児休業を取得したいと思える動機付けにはなってないと思えた。
有休も育休も“取得せなあかん・取得したい”と当事者含めた周囲への意識付けができるような報告を出てくれたらもっといいのになぁ。

« 片耳ろうの友人との再会 | トップページ | 新聞社の取材 »

プライベートな一面」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2066011/57369404

この記事へのトラックバック一覧です: 男性の育児休業について…:

« 片耳ろうの友人との再会 | トップページ | 新聞社の取材 »